電子書籍

【淫縛病疼】女教師まで巻き込んでの学園内での大乱痴気プレイ!?

さぁ先生、治療を始めましょう。

あの忌まわしい事件から1年、被害者の織枝と小鈴は催眠療法により記憶を封印され、新たな人生を送っていた。
加害者の麗美は精神に異常を来たし入院中。主犯の圭介は未成年のため保護観察中の身だった。
あの事件は忘れ去れたかに見えたが、織枝の通う学校に圭介が復讐のために現れる。
全ての者たちの記憶を呼び覚まし、高木礼子に復讐するために…。

サンプル画像

商品データ

著者:船堀斉晃

出版社:コアマガジン

販売日:2013年10月14日

ページ数:203ページ

レビュー

調教や催眠のオンパレードです。

鬼畜医師の催眠を使った患者とのエッチから始まり最後は女教師が人体改造と催眠を施されて男子学生と集団セックスしちゃいます。

鬼畜医師も家畜として扱われてしまいます。

この作品は淫縛病棟の続編となっており、学戦内の優等生とそのおさげのメガネっ娘を性の奴隷へと仕立てあげたの後日談です。

優等生もそのあともカウンセリングを受けて回復したかと思われていたけどその医師が患者を食いものしている鬼畜医師で

学校帰りにカウンセリングしたあとのお風呂ではアソコから精子が流れてしまっている展開に。

一時は淫乱化は解かれたけどやっぱり最後はまた堕ちてしまうというオチです。

今回はこの学校の担任の女教師が人体改造や催眠でとんでもないことになるというお話です。

鬼畜医師が想いをよせていて偶然見かけてしまって陰核に細工をして肥大化させてしまうというとんでもない展開に。

この女教師もレズの気があり優等生に好意があり、その肥大化した陰核は彼女のアソコに入れないとイクことができないという暗示つき。

アソコがビンビンになってもイクことができず精神的におかしくなってしまったところに彼女のマ〇コを目隠しで差し出して強引にエッチをさせます。

優等生とのエッチという認識をもった途端に激イキを開始してしまいます。今まで優等生だった彼女も淫乱メス化してしまい女教師を下に見下す言動

がまた卑猥です。

最後は彼女とエッチができる条件に1クラスの男子の精子を全部抜き取るという大乱痴気祭りで幕を閉じます。

また、このときに追加の暗示があり精子を浴びるだけでイってしまうというおまけつきで男子生徒のチ〇コを握りしめてイキ果ててしまいました。

 

興味がでた方は以下画像より紹介ページに飛びます。

-電子書籍
-, , , , , , ,

© 2021 エロ二次元の沼 Powered by AFFINGER5